相原町境地区の歴史をまとめました

相原の歴史・観光

御嶽社((元)三社神社)

DSC_2840.jpg

場所 中相原開都2188番地 中相原会館前
明治のはじめ頃、一村一社の達しにより、中相原内の御嶽社、日枝神社、大日堂の二社一仏を合祀して三社神社とした。
その後、御嶽社は遣水板木谷戸の溝中に売られたが、大正六年石宮を造り、御嶽社として、昭和四十九年上屋を建立した。
日枝神社、大日堂もそれぞれの場所に移されている。
社殿 間口二間、奥行一間半
境内 376坪

石宮

DSC_2842.jpg

石宮(御嶽社)
本体 B面大正六年四月吉日(1917)
寸法 本体96*41*40

地蔵

DSC_2839.jpg

(1880)明治十三年春彼
本体 A面 地蔵立像(中央角穴の中)43*15
   B面 明治十三年春彼岸
   D面 武蔵國多摩郡相原村
台座 A面、B面に人名多数
寸法 宝珠笠65*73*80
    本体82*40*40
   蓮台座16*60*60
    丸座10*43*43
    台座33*70*70
破風付宝塔 

DSC_2839.jpg

DSC_2838.jpg

DSC_2837.jpg

DSC_2828.jpg

DSC_2829.jpg

DSC_2832.jpg

DSC_2835.jpg

DSC_2836.jpg

DSC_5940.jpg

DSC_2840.jpg

DSC_5941.jpg

DSC_2841.jpg

DSC_5942.jpg

DSC_5935.jpg

DSC_2842.jpg

DSC_2843.jpg

DSC_2845.jpg

DSC_2844.jpg

DSC_5938.jpg

DSC_2831.jpg

DSC_2846.jpg

DSC_2847.jpg

DSC_2848.jpg

DSC_5943.jpg

DSC_5944.jpg